1. HOME
  2. ソリューション
  3. 変更箇所の特定

変更箇所の特定

Where:変更仕様に対する変更箇所を特定します

トレーサビリティマトリクスとは『USDM』で定義した仕様に対し、変更点がどのモジュールに存在するかを示します。そのため、変更に対する影響範囲を確認することができます。

また、前のプロセスで作成した「変更要求仕様書」と、この後に作成する「変更設計書」とをつなぐ役割を果たします。

  • 変更するのは本当にその関数だけで良いのか、他にも変更箇所がないか
  • 変更することで、他の関数への影響がないか
  • 別の変更仕様で、同じ関数が変更されないか

といったことを具体的に確認します。

トレーサビリティマトリクスを使って変更に対する影響箇所を調べていくと、凝集度の低いモジュールや、結合度が高いモジュール構造が見つかる場合があります。このような箇所は変更の確認が難しいだけでなく、変更による二次障害が発生しやすくなります。その際には、「保守性の向上」を変更要求として『USDM』に追加します。

このように、トレーサビリティマトリクスでは既存のモジュールに対する影響度を確認することができます。

【トレーサビリティマトリクス】の例:USDMで作成した変更要求仕様と【トレーサビリティマトリクス】で追加する変更箇所

頑張ってるけど、ちっとも楽にならない…何で?

すぐに成果を出すために頑張ってるけど、自前ではもう限界

効果的だろうけど高額なコンサルには手がでない…

あなたに合う一番最適な解決方法を
エクスモーションがご提案いたします。

XDDPによる「派生開発」に関する記事を見る

他のソリューションを見る

関連コラム