1. HOME
  2. ソリューション
  3. 3つの成果物

3つの成果物

『3つの成果物』により、モレ・ミス・ムダを防止します

『XDDP』の特徴は、3つの成果物(USDM・トレーサビリティマトリクス、変更設計書)による、ミス・モレ・ムダの防止です。この3つの成果物を完成させるまでは、絶対に実装をしません。完全なるフロントローディングを行うことにより、手戻りによるムダを排除することで、「派生開発」の問題を未然に防ぐのです。

USDMで仕様のモレを防ぎます

『USDM』は要求と仕様を形式化するツールです。「派生開発」における「変更要求仕様」や「追加機能要求仕様」を『USDM』で記述することにより、要求仕様の抜け漏れや矛盾などの問題を見つけやすくなります。

詳細ページへ

トレーサビリティマトリクス(TM)で変更のモレを防ぎます

『トレーサビリティマトリクス』(TM)は、『USDM』で定義した仕様に対する、コードの対応箇所を示した対応表です。この『トレーサビリティマトリクス』により、変更仕様に対する影響範囲を把握することができ、変更箇所のヌケモレを防ぐことができます。

詳細ページへ

「変更設計書」で、各変更をきちんと設計します

『変更設計書』は、変更箇所に対してどのような変更をするのかを設計し、明文化したものです。これを有識者との間できちんとレビューすることにより、 対応のミスを防ぐことができます。

詳細ページへ
「派生開発」に特化したプロセス『XDDP』の特徴は、「USDM」、「トレーサビリティマトリクス」(TM)、「変更設計書」の『3つの成果物』による、ミス・モレ・ムダの防止①変更要求仕様書(USDM)~【変更要求】どう変更したいのか、なぜ変更したいのか【仕様】何を何に変更するのか②トレーサビリティマトリクス(TM)~【変更箇所の特定】どのソースの、どの関数を修正するのか③変更設計書~【変更設計】どのように修正するのか

頑張ってるけど、ちっとも楽にならない…何で?

すぐに成果を出すために頑張ってるけど、自前ではもう限界

効果的だろうけど高額なコンサルには手がでない…

あなたに合う一番最適な解決方法を
エクスモーションがご提案いたします。

XDDPによる「派生開発」に関する記事を見る

他のソリューションを見る

関連コラム