1. HOME
  2. サービス・料金
  3. 集合トレーニング
  4. モデリキ基礎トレーニング

モデリキ基礎トレーニング

トレーニングの着地

構造・振舞いの単一ビューのモデルを作成することができるようになります

主体的に手を動かして「モデリング」することができます

モデルを作成する前に、まず要件を整理してからモデルを作成するという、手順に沿ったモデル作成ができます

トレーニング内容

良いモデルを作成するためには、対象システムの大事なところを見極め、あまり大事ではない不必要なところを省いた形で、「モデリング」する必要があります。
しかし、いきなりソフトウェア的な問題を「モデリング」すると、これまでの開発で培った思考が邪魔してしまい、詳細が気になってしまったり、機能指向的な考え方でモデルを書いてしまったりします。
モデリキ基礎トレーニングでは、ソフトウェアとは関係ない身近で小さな問題を、繰り返し解くことで、「モデリング」のコツを身につけます。仕上げとして、組み合わせの問題にもチャレンジします。

サービスや料金について
詳しく知りたい方はこちら

基本情報

対象者 これから「モデルベース開発」を取り入れる予定のある人
現在「モデルベース開発」を実践しているが、一皮むけたモデルを作りたいと思っている人
受講前提 特にありません
「UML」表記法の知識があれば、スムーズに演習に取り組めます
必要時間 2日間
形式 グループディスカッションにより演習を解きます

注目ポイント

演習を多く取り入れたトレーニング・セミナーです

あえてソフトウェアとは関係のない問題を解きます

問題は構造と振舞いの、それぞれの単一ビューになります

演習問題の解答は全員でレビューし、共有します

最後に、構造と振舞いを組み合わせた問題にもチャレンジします

サービスや料金について
詳しく知りたい方はこちら

お客様の声

2018年12月

UMLの実践的な使い方を習得できた。今後、自分で理解を深めていく取っ掛かりを得られた。

 

役立ち度

2018年12月

本での知識ばかりで手を動かすことをあまりしていませんでした。やはり、トレーニングを積むことが重要だと改めて感じました。

 

役立ち度

2018年12月

これまでほとんど理解できていなかったモデリングとUMLの書き方について理解できた。自分で作成するだけでなく、他人の成果物のレビューでも役立てられそうである。

 

役立ち度

2017年3月

モデリングのための考え方が分かった。普段の設計との頭の使い方の違いを理解できた。

 

役立ち度

2017年3月

モデリングの基礎知識を得られた。意識して実施しなければ論理的に考えられないことが分かった。

 

役立ち度

集合トレーニング

USDM入門/実践トレーニ.. システムアーキテクチャ設.. MATLAB/SimulinkによるMB.. XDDP入門/実践トレーニン.. テスト駆動によるリファク..モデリングスキル強化トレ.. 思考整理トレーニング モデリキ基礎トレーニング モデリキ応用トレーニングSPLトレーニング