『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|エクスモーションのトータルコンサルティング・混沌

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|service of eXmotion

共通化されたルールがほとんど存在せず、混沌とした無秩序状態です。
設計内容もほとんど可視化されておらず、担当者まかせとなっています。それゆえ、仕事量が増えても開発者を容易に追加することができず、多忙さが増していくばかりです。
多忙ゆえに、混沌から脱却するための検討にも時間が割けず、さらに多忙さを増すという悪循環が起きています。開発者は、その多忙さと、複雑度を増すソフトウェアを前に、モティベーションが萎えていくのを日々感じながら、納期に追われて開発を続けている状態です。

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状:技術

  • ソースコードは、玉石混淆(こんこう)。
    というか、ほとんどは「石」?「でもちゃんと動いているし。」
  • 「#ifdef 人の名前」というソースコードがある。「誰が追加したかわかって超便利だよね。」
  • 長い間コメントアウトされているコード片があるが、削除して良いのかどうかわからない。
  • ウソのコメント、マジックナンバー、コードにインデントなし、は割とフツー。
  • すごいマクロを作ることは尊敬 に値する。「複雑なマクロすごいよね、読めないけど。」
  • 変数名が暗号に近い。が、それが何であるか理解できる自分ってスゴイと思う。
  • ドラえもんの「どこでもドア」のようなgoto文が結構あってかなり便利だが、最近はドアが多すぎて迷子になる。
  • main() の1000行越え!というか、「関数?なにそれ?」
  • 依存関係は全文検索すれば分かるので問題ないけど、grepがないと生きていけない。でもGoogleデスクトップは知らない。
  • デバッガを使ったことない。というか、「printfじゃだめなの?」

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状:プロセス

  • ルール無用の、全員「俺流」。 「神」と崇められるマスターがいるときもあるよ。
  • 構成管理はされていないか、まだ始めたばかり。
    たまにWindowsの「ごみ箱」から削除したファイルを探すよ。
  • ドキュメントはほぼ無いか、あっても情報がウソ。「ソースが仕様です」という台詞をよく聞く。
  • 「あのモジュールは、○○さんに聞いて!」はフツー。
  • 経験則ですべて成り立っている。「博士」と呼ばれる人がいる。
  • レビューが全くなされていない(他人の芝生には足を踏み入れないし、
    自分の芝生にも足を踏み入れさせない)。
  • でも、人のソースは俺流で直す
    (自分に必要な芝生には足を踏み入れる)
  • バージョン管理と不具合管理が連携されておらず,
    不具合をいつ直したのか分からない。

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状:人・組織

  • できる人は、「叩かれる」どころか「とことん働かされる」。
  • 今までの改善活動はいつも途中で挫折しており、「改善」と名のつく活動には懐疑的。
  • 座右の銘は「一子相伝」と「立ってるものは親でも使え。」
  • 他の人の担当部分が気に入らないと、ルール無視で勝手に書き換える人がいるが、その人は実力があるので何も言えない。
  • コンパイラや外部のものを信用していない。
  • オープンソースがなぜ成り立っているかが理解できない。
  • 外に行かない。「忙しくて、そんなヒマないよね~。」
  • ハードの完成が遅れて,ソフトの完成が遅れていることがウヤムヤになることを祈っている。
  • レビューでは余計なことは喋らないで済ます。

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|トータルコンサルティング「混沌」の主な症状

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|次の段階とのギャップを乗り越えるために... to bridge the gap

このような混沌とした無秩序状態から次のフェーズ「改善」とのギャップを乗り越えるために、
エクスモーションのトータルコンサルティングでは、下流工程の秩序化で着実に品質を高めます。

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|混沌→下流工程の秩序化で着実に品質を高める→改善 →改革 →展開 →成熟

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|次の段階へ進む有効な改善施策は...『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|ソースコード改善

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|エクスモーションのおすすめ「ソリューション」

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|エクスモーションのおすすめ「ソリューション」

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|エクスモーションの具体的な働きかけ

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|技術

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|ソースコードレベルでの整理・整頓 ルールに則った整形 読みやすさを目指したリファクタリング ソースコードの変更を保証するテスト手法の導入 相互レビューの導入

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|プロセス

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|下流工程の品質保証 ソースコード品質の測定 改善に向けたインフラ作り 各種ルールの整備 構成管理の導入 下流工程の仕組み作りと可視化 メンバ間の知識共有化

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|着実に品質を高める

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|変革への動機づけと成功体験 プロフェッショナルなソフト ウェア技術者としての自覚とモティベーション向上 改善活動効果の定量化と可視化による効果の実感 変革リーダーの育成 中心になる人への直接指導と啓蒙 ソフトウェア開発リテラシの習得 学習する習慣づけ 思考トレーニング 下流から中流までのソフトウェア工学の底上げ教育

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|人・組織

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|サービスに関するお問い合わせ

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|エクスモーションがトータルコンサルティングで提供する具体的なサービスについてはこちら

  • 『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|診断
  • 『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|現場支援
  • 『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|人材育成

『混沌』とした開発現場を『改善』へ導く方法|pagetop

  • service of eXmotion menu
  • お客様の状態に合わせたサービス
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】あなたの組織の開発力を診断しよう
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】現状の見極めと次の段階へ行くために
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】混沌
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】改善
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】改革
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】展開
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】成熟
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】状態に合わせた施策
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】ソースコード改善
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】モデリング
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】部品化再利用
  • エクスモーションが提供するサービス
  • トータルコンサルティングサービス
  • トレーニングコース
  • ツール・ソリューション
  • スタートアップ支援
  • エクスモーションの特徴や強み~エクスモーションのこだわり~
  • サービスに関するお問い合わせ