SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|service of eXmotion

部品化再利用

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|部品化再利用で、製品ファミリ全体の開発工数を最適化する

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|特定機種の開発が改善できたら、次は製品群での生産性向上を目指します。
組込みシステムでは、そのソフトウェアが完全に他の製品と独立していることはまれで、多くの場合、共通の機能を持った同系列の製品にソースコードが流用されています。それら共通部分を整理整頓して、戦略的に部品化・再利用することで、製品群開発での生産性向上が可能となります。
特定機種の開発が改善できたら、次は製品群での生産性向上を目指します。
組込みシステムでは、そのソフトウェアが完全に他の製品と独立していることはまれで、多くの場合、共通の機能を持った同系列の製品にソースコードが流用されています。それら共通部分を整理整頓して、戦略的に部品化・再利用することで、製品群開発での生産性向上が可能となります。
このような戦略的に部品化・再利用する技術として、ソフトウェアプロダクトライン(SPL)が有効です。

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|特徴

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションの部品化再利用施策の特徴】保有資産を有効活用した戦略的な部品化再利用

部品化の際には、できるだけ現在の資産を有効活用する方法を検討します。まずは資産の状況を診断し、現在の資産がどの程度部品として利用できるかを判断します。
この時、資産の品質や、将来へ向けたビジネス上の目的によっては、現在の資産を利用するだけでは開発効率の向上が望めないケースもあり得ます。
このため、ゴールを見据えて総合的・戦略的に部品化の方法を決定していきます。

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションの部品化再利用施策の特徴】実績のある部品を使うことによる製品品質の安定

製品群を対象とした部品化再利用では、ひとつの製品ではなく、同一系列の複数の製品に同じ部品が搭載されます。
部品は、多くの製品に搭載されることで、繰り返し品質保証プロセスを経て、信頼性の高い、品質の安定した部品になります。そのような、実績のある部品を使うことで、単一製品開発とは比較にならないレベルでの品質を目指すことが可能となります。

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションの部品化再利用施策の特徴】技術の枠を超えた総合的な取り組み

SPLによる部品化再利用では、単に再利用技術を適用して部品を再利用するのではなく、ビジネス・アーキテクチャ・プロセス・組織といった複数の視点から、総合的な取り組みを行っていきます。
すなわち、ビジネス上の目的を明確にし、それを効率的に実現するためのアーキテクチャの構築、部品化再利用を進める上で必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備を、バランスよく段階的に進めていきます。

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備||得られる効果

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【開発工数の削減】製品ファミリに部品化再利用を適用すると、開発量自体を減らすことができ、劇的に開発工数を減らすことが可能(ただし、部品化自体の工数は別途必要)・【開発期間の短縮】すでにある部品を使って製品を開発することで、開発期間を劇的に短縮することが可能・【製品品質の向上】複数の製品への搭載実績を持つ、品質保証済の部品を再使用することで、製品品質の向上が可能

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|

  • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションのトータルコンサルティング】現場支援
    • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションのトータルコンサルティング・現場支援】お客様のビジネスゴールと現状を考慮した導入方法をご提案します
    • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションのトータルコンサルティング・現場支援】お客様と一緒に、開発現場の問題を解決しながら導入をご支援いたします。
  • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|エクスモーションのトレーニング
    • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションのトレーニング】SPL入門トレーニング
    • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|【エクスモーションのトレーニング】SPL実践トレーニング
  • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|エクスモーションのツールソリューション
    • SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|Esprit

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|サービスに関するお問い合わせ

SPL(ソフトウェアプロダクトライン)による部品化再利用でアーキテクチャの構築、部品化再利用を進めるうえで必要となるプロセスの整備、および組織の役割と体制の整備|pagetop

  • service of eXmotion menu
  • お客様の状態に合わせたサービス
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】あなたの組織の開発力を診断しよう
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】現状の見極めと次の段階へ行くために
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】混沌
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】改善
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】改革
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】展開
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】成熟
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】状態に合わせた施策
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】ソースコード改善
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】モデリング
  • 【お客様の状態に合わせたサービス】部品化再利用
  • エクスモーションが提供するサービス
  • トータルコンサルティングサービス
  • トレーニングコース
  • ツール・ソリューション
  • スタートアップ支援
  • エクスモーションの特徴や強み~エクスモーションのこだわり~
  • サービスに関するお問い合わせ