【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)
この方式は基本的にはModelブロックの利用と同じですが、Modelブロックの代わりにModel Variantsブロックを利用します。これにより、指定する条件によって参照するモデルを切り替えることができるようになります。その手順は以下のとおりです。

1.  共通のインタフェースを持つサブモデルの設計

外部インタフェースは共通ながら、その内部ロジックが異なる部分を、サブモデルとして設計します。この時、各サブモデルは別ファイルとして作成します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)

2.  Modelブロックを含む、共通となるモデルの設計

Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを使用して、当該コンポーネントを利用する全ての製品をカバーする共通のモデルを設計します。そして、Model VariantsブロックのModelReferenceパラメタで、参照先のサブモデルと、そのサブモデルを選択する条件を指定します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)
製品開発時には条件を指定することで、サブモデルの中から参照するモデルを選択できるようになります。その後でモデルをコードジェネレータ(RealtimeWorkshop/TargetLink等)にかければ、製品用のコードを生成することができます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているModel Variantsブロックを利用し、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてシステムを設計 ~ Model Variantsブロックの利用(Simulink)|pagetop