SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー|service of eXmotion

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー

近年、自動車のエレクトロニクス化が急速に進み、システムも複雑化、大規模化の一途をたどっています。このような状況の中、車載機器のソフトウェア開発では、開発の高効率化と信頼性確保の実現手段としてMATLABSimulinkに代表されるモデルを使った開発(モデルベース開発)への期待が高まっています。

本トレーニングでは、車載機器の開発経験がある方を対象に、クルーズコントロールシステムを題材として、ソフトウェア・エンジニアリング・プロセスに含まれる「ソフトウェア要求分析」「ソフトウェア設計」「ソフトウェア詳細設計」に対し、モデルベース開発(MBD)を適用する方法を、演習を通じて段階的に学んでいきます。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー【セーフティ・エンジニアリング・プロセス】安全性要求分析、【システム・エンジニアリング・プロセス】システム要求分析、システム設計、【ソフトウェア・エンジニアリング・プロセス】ソフトウェア要求分析→ソフトウェア要求の仕様化、ソフトウェア設計→ソフトウェア・アーキテクチャ設計、ソフトウェア詳細設計→ソフトウェア単体設計・実装

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー「モデルベース開発」(MBD)トレーニング・セミナーの目標

  • ソフトウェア要求分析~ソフトウェア設計~ソフトウェア詳細設計において、モデルベースで開発する上でのつながりを理解することができます。
  • ソフトウェア要求分析フェーズにおいて、ユースケースモデル、「SysML」要求図、「USDM」を使ったソフトウェア要求の仕様化の方法について理解することができます。
  • ソフトウェア設計フェーズにおいて、「UML」を使って、変更や追加に耐えうるアーキテクチャを構築する方法について理解することができます。
  • ソフトウェア詳細設計において、MATLAB/Simulink/Stateflow モデルを使って設計する方法について理解することができます。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー「モデルベース開発」(MBD)セミナーの基本情報

対象者 ・MATLAB/Simulink を使ったMBD(モデルベース開発)を導入済みで、より上流からのアプローチを導入したいと思っている方
・MATLAB/Simulink のモデル品質を改善したいと考えている方
・MATLAB/Simulink を前提とした上流工程についてのスキルを習得したいと考えている方
受講前提 ・車載関連ソフト開発の経験者
・MATLAB/Simulink/Stateflow での「モデル開発」経験者
※ソフトウェア要求分析フェーズ・ソフトウェア設計フェーズを範囲とする場合は、必須ではありません。
必要時間 3日間
※ご要望により、ソフトウェア要求分析フェーズ・ソフトウェア設計フェーズのみを範囲として実施することもできます。その場合は、1~2日での実施となります。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー「モデルベース開発」(MBD)実践セミナーの注目ポイント

  • ソフトウェア要求分析~ソフトウェア設計~ソフトウェア詳細設計まで、一つの演習課題(クルーズコントロール)を使って実習を行います。
  • 演習中心のトレーニングです。
  • 講師は車載開発の現場で実践経験のあるコンサルタントが担当します。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー「モデルベース開発」(MBD)セミナーの進め方

目的:
要求を見つけ出し、正しく定義する能力を身につける
方法:
要求とそれを実現する仕様まで、階層的に要求を整理するとともに、実装可能なレベルまで詳細に記述する
表記法:
ユースケースモデル、SysML要求図、USDM
目的:
変更や追加に耐えうるアーキテクチャ(基本構造)を構築する能力を身につける
方法:
構造設計と振る舞い設計を通して、品質の高いソフトウェアコンポーネントを定義する
表記法:
UML
目的:
品質の高いMATLAB/Simulink/Stateflowモデルを構築するスキルを身に付ける
方法:
アーキテクチャ設計で作成したMATLAB/Simulinkサブシステムの内部を要求の仕様化で作成したUSDMを参考に、MATLAB/Simulink/Stateflowでモデル化する
表記法:
MATLAB/Simulink/Stateflow

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー「モデルベース開発」(MBD)トレーニング・セミナー演習題材

要求の仕様化から単体設計まで、一貫して同じ題材を用います。
題材は、クルーズコントロールシステムを取り上げます。
制御仕様を含む全ての仕様については、一般に入手可能な情報から弊社のこれまでの支援経験を元に、独自に作成した仕様・内容となっています

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー演習題材

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー「モデルベース開発」(MBD)トレーニング・セミナー演習結果と成果物

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー |【ソフトウェア要求の仕様化
】ユースケースモデル:UMLのユースケースモデルを用いて、ソフトウェア要求を定義します。SysML要求図:SysMLの要求図を用いて、ソフトウェアに求められる要求とそれを実現するための機能・非機能群を網羅的に把握します。USDM要求仕様書:要求図で整理した内容を元に、要求とそれを実現するための仕様に分けて階層的に整理します。仕様については、以降の開発の入力となるレベルまで詳細に記述します。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー |【ソフトウェア アーキテクチャ設計】UML構造モデル・UML振る舞いモデル:要求仕様書の内容を満たし、かつ、高いソフトウェア品質を実現するための構造と振る舞いを、UMLを用いて構築します。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー |【ソフトウェア単体設計・実装】MATLAB/Simulink/Stateflowモデル:UMLで分析した構造を、MATLAB/Simulinkモデルのサブシステムに変換します。サブシステム内部は、USDMの仕様に沿ってMATLAB/SimulinkやStateflowを使ってモデル化します。

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー【「MBD」(モデルベース開発)関連 ソリューション】

【SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー関連 ソリューション】MATLAB/Simulinkモデルによる【MBD】モデルベース開発(オートモーティブ ソリューション)

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナーなどのサービスに関するお問い合わせ

SysMLの要求図から、『USDM』を使った要求仕様定義、『UML』によるアーキテクチャ設計、MATLAB/Simulink モデルの作成までを、一つの演習問題を使って解くことで、上流スキルの向上を目指すMBD(モデルベース開発)実践トレーニング・セミナー|pagetop

  • training of eXmotion menu | エクスモーションのおすすめする実践力をつけるトレーニング・セミナー
  • エクスモーションがオススメする実践力をつけるトレーニング・セミナー
  • 「USDM」を使った要求開発仕様書作成の演習を主とした実践トレーニング・セミナー研修
  • システムアーキ設計実践トレーニング・セミナー
  • MATLAB / SimulinkモデリングによるMBDモデルベース開発実践トレーニング・セミナー研修
  • MATLAB / SimulinkモデリングによるMBDモデルベース開発実践トレーニング・セミナー研修【MBDモデルベース開発 関連ソリューション】
  • MATLAB / Simulink モデリング による モデルベース開発:MBDオートモーティブ ソリューション
  • XDDP入門/実践トレーニング・セミナー
  • テスト駆動によるリファクタリング実践トレーニング・セミナー研修
  • eXqutoを使った品質改善トレーニング・セミナー研修
  • 「モデリング」スキル強化トレーニング・セミナー
  • 思考整理トレーニング・セミナー
  • モデリキ基礎トレーニング・セミナー
  • モデリキ応用トレーニング・セミナー
  • モデル実装トレーニング・セミナー
  • SPLトレーニング・セミナー
  • トレーニング導入事例
  • 【よくある質問】トレーニング