「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|solution of eXmotion

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施

「派生開発」を成功させるためには、変更箇所が局所的であり、追加しやすく、副作用が起こりづらいソフトウェアの構造になっている必要があります。すなわち、高凝集・疎結合のモジュール構成であることが求められます。

しかし、長年にわたって変更や追加が繰り返されたソフトウェアは、いつの間にか保守しづらい構成になってしまっていることが多くあります。それでは、「派生開発」の狙いを達成することができません。

とはいえ、やみくもに手をつけて「リファクタリング」してしまうと、かえって状況を悪化させてしまいます。

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|[リファクタリング]は状況や目的にあわせて実施する

「リファクタリング」は、その製品のライフサイクルや、ソフトウェアの品質の状態などの要因により、やり方や手をつける範囲が異なります。その状況に合わせて、「リファクタリング」の範囲ややり方を決めないと、狙った効果を期待することはできません。

また、「派生開発」の問題を根っこから解決する良い機会と捉えることもできます。これまで手をつけられなかった問題を解決し、"効果的な"「派生開発」をしていくための基礎を作るために、適切な「リファクタリング」をしましょう。

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|コンサルタントが教える成功の秘訣

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|スペシャリスト・玉木 淳治【専門分野】コード解析、ソフトウェア品質診断、ツール開発、レガシーシステムの可視化と改善

品質が低下したレガシーコードの保守に頭を悩ませる開発現場のエンジニアは、みなさまざまな問題認識を持っています。問題を改善していくためには、現場での困りごとを発生させる要因となっているソフトウェア設計上の問題を、客観的事実による裏付けとともに明らかにしなければ、大きな改善効果は望めないのではないでしょうか。

レガシーシステム」の可視化と改善のサービスでは、ソースコードの調査と現場エンジニアへのヒアリングを通し、設計の問題点を把握することからスタートし、ソフトウェア構造のあるべき姿を設計する支援や、「リファクタリング」を進めるためのプロセス設計・運用の支援まで、ソースコードの改善をトータルに支援いたします。

レガシーコードの品質にお困りの方は、ぜひ私たちにご相談ください。

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|関連サービス

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|実開発への適用支援

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|「レガシーシステム」[リファクタリング]実施支援サービス

「レガシーシステム」の可視化から、あるべき姿への改善まで、設計技術支援とプロセス設計によって、「レガシーシステム」の改善を総合的に支援します。

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|要求仕様書作成サービス

「要求仕様書」を作成したいのに作成する工数が取れないといったお客様に向けて、エクスモーションが制御仕様書や機能仕様書などの既存資料の調査や開発者へのヒアリングを行って「要求仕様書」を作成します。

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施
「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|人材育成

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|設計原理に基づくコードベース[リファクタリング]

「レガシーシステム」を「リファクタリング」する時の考え方や進め方を身につけるためのトレーニングです。演習を使って実践的なスキルを身につけます。

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|サービスに関するお問い合わせ

「レガシーシステム」の品質の状況によって適切な「リファクタリング」の範囲や手法を実施|pagetop

  • solutuin of eXmotion menu | エクスモーションのおすすめするソリューション
  • 組込みソフトウェア開発の現場を支えるソリューション
  • MATLAB / SimulinkモデリングによるMBDモデルベース開発(オートモーティブソリューション)
  • 「機能安全」規格「ISO26262」に基づいた「機能安全」ソリューション
  • システムアーキテクチャ設計には全体最適な視点が必要
  • 「USDM」による「要件定義」と「要求仕様化」
  • 既存資産の解説書
  • レガシー救済プロジェクト
  • 「レガシーシステム」の可視化
  • レガシーリファクタリング
  • プロセスアーキテクチャ
  • 「派生開発」に特化したプロセス「XDDP」導入支援
  • MBDモデルベース開発(UML+オブジェクト指向モデリング)
  • プロダクトライン開発(SPL)
  • ソリューションカタログダウンロード