自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|solution of eXmotion

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|成果物の品質を向上する機会と捉える

規格では成果物に含むべき情報や品質に関する規定が記載されています。ソフトウェア開発に限ってもソフトウェア要求仕様書やソフトウェアアーキテクチャ設計書など様々な成果物を作成しなければなりません。しかし、規格に書かれているから作らなければならないというスタンスではなく、開発の質を高めたり手戻りを減らしたりするためにはどのような成果物を作るべきか、という観点を持つことが必要です。

ここでは、ソフトウェア開発における成果物の品質を向上するための情報をいくつかご紹介します。

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|ソフトウェア要求仕様書

要求を正しく把握して定義するには、「USDM」のように要求を階層化して表現する手法が有効です。階層的に定義することが、成果物間のトレーサビリティ確保の最初のステップとなります。

要求や仕様をどのように定義すればよいかは「要求の定義と仕様化」をご参照くだ さい。

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|ソフトウェアアーキテクチャ設計

アーキテクチャ設計では、ソフトウェアコンポーネントの凝集度や結合度といった一般的なソフトウェアの設計品質が重視されます。これを実現するためには、UMLのようなモデリング技術も有効な解のひとつで す。

「MBD開発支援」の記事にもアーキテクチャ設計のポイントが書かれていますのでご参照ください 。

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|ソフトウェア詳細設計

最近ではMATLABSimulink を活用したモデルベース開発が行われることも多くなってきていますが、MATLAB/Simulink モデルに関しても、品質を意識して開発することで、保守しやすいものにすることが今後の開発効率を上げるためには重要です。

詳細設計に関しても「MBD開発支援」詳細設計のポイントに書かれていま す。

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|サービスに関するお問い合わせ

自動車の電気/電子システムを対応とした、機能安全規格「ISO26262」に基づく「機能安全」対応により、開発成果物の品質向上とミスを防止する|pagetop