【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出

製品の使い方が分かりにくいというクレームや、派生開発において機能が追加・変更しにくかったりといった、製品のリリース後に発覚する様々な問題は、非機能要求が上手く定義できていないことが原因です。何故、開発現場において非機能要求が上手く導出できないのか、一緒に考えてみましょう。

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出~非機能要求とは

機能要求がシステムに「何を」して欲しいのかを示しているのに対し、非機能要求は機能が「どのように」働いてほしいのかを示しています。そのため、機能要求が要求記述の「動詞」に対応するのに対し、非機能要求は「形容詞」や「副詞」に対応します。

さらに非機能要求は、「制約」と「品質要求」に分かれます。「制約」はシステムが遵守しなければならない決まりであり、「品質要求」はシステムが仕事を遂行する時に求められる属性です。

これらの「制約」「品質要求」も、対象システム毎に異なった様々な特性として求められます。「どの特性に焦点を当てて非機能要求を導出するか」について、この記事では以降「観点」と呼びます。

非機能要求をうまく導出できない原因として、開発現場では「手順が分からない」「全て導出できたか分からない」といった声をお聞きします。そこで、次に非機能要求導出の「手順」と「網羅性」についてご説明します。

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出~コンサルタントが教える成功の秘訣

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出~コンサルタント・矢頭伸介

エンジニアの方は、ご自身が実装を進めている制御において、どうあるべきか要求がはっきりしないな、と悩みながら自分の分かる範囲で仕様を決めた経験が一度ならずあるかと思います。このように決められた仕様は、部分最適には成り得ても全体最適とは成り得ないでしょう。全体最適を目指すには、トップダウンの手法が必要なのです。
また、開発中あるいは開発済みのシステム要求を明らかにしたい場合は、トップダウンによる非機能要求の導出だけでなく、設計仕様から要求を導出するボトムアップも同時に行うことで、それぞれの方法で導出された要求を突き合わせ、より精度の高い要求仕様の定義が出来るでしょう。
エクスモーションでは、お客様の現場状況に合わせ、全体最適なシステムを実現するための具体的な方法をご提案いたします。ぜひ、私たちにご相談ください。

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出関連ソリューション

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出

【研究室】USDMによる要求の定義と仕様化~USDMにおける非機能要求の導出|pagetop