【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)「UML」モデルにおけるSPL可変性の実現では、製品ごとに異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表せるように実装 ~パラメタの利用(UML)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)「UML」モデルにおけるSPL可変性の実現では、製品ごとに異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表せるように実装 ~パラメタの利用(UML)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)「UML」モデルにおけるSPL可変性の実現では、製品ごとに異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表せるように実装 ~パラメタの利用(UML)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)「UML」モデルにおけるSPL可変性の実現では、製品ごとに異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表せるように実装 ~パラメタの利用(UML)
この方式では、製品毎に異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に具体的な値を与えます。制御ロジックが共通で、パラメタ値のみが異なる場合に利用されます。
以下の例のように、対象としているコンポーネントを利用する全ての製品をカバーするモデルを設計します。この時、製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるようにします。
「UML」モデルにおけるSPL可変性の実現では、製品ごとに異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表せるように実装
このように実装すれば、開発する製品に合わせてパラメタ値を設定することで、製品用のモデルを構成することができます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)「UML」モデルにおけるSPL可変性の実現では、製品ごとに異なるパラメタを変数として定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表せるように実装~パラメタの利用(UML)|pagetop