【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)
この方式は基本的にはConfigurableサブシステムの利用と同じですが、Configurableサブシステムの代わりにVariantサブシステムを利用します。これにより、指定する条件によってモデルを切り替えることができるようになります。その手順は以下のとおりです。

1.  共通となるモデルの設計

対象としているコンポーネントを利用する全ての製品をカバーするように、モデルを設計します。この時、製品毎に実行パターンの異なる制御ロジック部をVariantサブシステムで表現します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)

2.  Variantサブシステムへのパラメタ(条件)の追加

可変部として設計されたVariantサブシステムに対して、異なる内部設計を与えるための条件をパラメタとして追加します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)

3.  追加した条件に対応する各サブシステムの設計

条件を追加した際に作成されたサブシステムの内部設計を行います。必要に応じて、各サブシステムの名前を変更します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)
製品開発時には条件を指定することで、利用するサブシステムを選択できるようになります。その後でモデルをコードジェネレータ(RealtimeWorkshop/TargetLink等)にかければ、製品用のコードを生成することができます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているVariant Subsystemを利用し、『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてシステムを設計 ~Variantサブシステムの利用(Simulink)|pagetop