【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用して、製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計 ~Function-Callサブシステムの利用(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用して、製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計 ~Function-Callサブシステムの利用(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用して、製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計 ~Function-Callサブシステムの利用(Simulink)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用して、製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計 ~Function-Callサブシステムの利用(Simulink)
この方式では、Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用します。製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計します。その手順は以下のとおりです。

1.  共通となるモデルの設計

対象としているコンポーネントを利用する全ての製品をカバーするように、モデルを設計します。この時、製品毎に実行パターンの異なる制御ロジック部をFunction-Call Subsystemで表現します。

2.  可変部の実行パターンを切り替える制御信号の追加

可変部として設計されたFunction-Call Subsystemへ実行パターン(実行有無やタイミング等)を制御する信号を与えるために、Function-Call Generatorをモデルに追加します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用して、製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計 ~Function-Callサブシステムの利用(Simulink)
こうすることで、製品開発時にはこの制御信号の内容を決定し、ロジックの実行パターンを選択することができます。その後でモデルをコードジェネレータ(RealtimeWorkshop/TargetLink等)にかければ、製品用のコードを生成することができます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)MATLAB/Simulinkの標準ライブラリで定義されているFunction-Call Subsystemを利用して、製品毎に異なる制御ロジックを全てモデルに盛り込み、制御信号によってロジックの実行パターンの選択ができるように、モデルを設計 ~Function-Callサブシステムの利用(Simulink)|pagetop