【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)コア資産として設計されたモデルをadd_block/delete_block/add_line/delete_line/set_param等のモデル編集コマンドを用いて製品開発時に変更/修正~ コマンドによるモデル要素の編集(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)コア資産として設計されたモデルをadd_block/delete_block/add_line/delete_line/set_param等のモデル編集コマンドを用いて製品開発時に変更/修正~ コマンドによるモデル要素の編集(Simulink)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)コア資産として設計されたモデルをadd_block/delete_block/add_line/delete_line/set_param等のモデル編集コマンドを用いて製品開発時に変更/修正~ コマンドによるモデル要素の編集(Simulink)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)コア資産として設計されたモデルをadd_block/delete_block/add_line/delete_line/set_param等のモデル編集コマンドを用いて製品開発時に変更/修正~ コマンドによるモデル要素の編集(Simulink)
この方式では、コア資産として設計されたモデルを、add_block/delete_block/add_line/delete_line/set_param等のモデル編集コマンドを用いて製品開発時に変更/修正します。その手順は以下のとおりです。

1.  全製品で共通となるモデルの設計

対象としているコンポーネントが、スコープ内の全ての製品をカバーするようにモデルを設計します。この時、通常は以下のいずれかのアプローチを取ります。
A)  最大アプローチ
全ての製品をカバーするために含みうる、全てのモデル要素を入れたモデルを設計します。
B)  平均アプローチ
全製品で共通、および多くの製品で必要なモデル要素を入れたモデルを設計します。
C)  最小アプローチ
全製品で共通のモデル要素のみを入れたモデルを設計します。
製品開発時には、モデルを編集するコマンドを実行することで、製品固有のモデルを作成します。モデル編集のパターン数が限定されるなら、パターン数分のコマンドファイルをコア資産として用意しておき、製品に合わせて選択することもできます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)コア資産として設計されたモデルをadd_block/delete_block/add_line/delete_line/set_param等のモデル編集コマンドを用いて製品開発時に変更/修正~ コマンドによるモデル要素の編集(Simulink)|pagetop