【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装 ~マクロの利用(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装 ~マクロの利用(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装~マクロの利用(C/C++)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装 ~マクロの利用(C/C++)
この方式では、製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に具体的な定数値を与えます。制御ロジックが共通で、パラメタ値のみが異なる場合に利用されます。その手順は以下のとおりです。

1.  共通となるコードの実装

対象としているコンポーネントを利用する全ての製品をカバーするように、コードを実装します。この時、製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるようにします。そして、パラメタを定義するマクロを含むファイルをインクルードするようにします。

2.  マクロに設定する値の定義

対象とする製品の仕様に合わせて、マクロに設定する値を記述したファイル(マクロファイル)を作成します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装 ~マクロの利用(C/C++)
このように実装すれば、開発する製品に合わせてマクロの値を定義することで、製品用のコードを構成することができます。取り得る値が数パターンに限定されるなら、パターン数分のマクロファイルをコア資産として用意しておき、製品に合わせてファイルを選択することもできます。
また、制御ロジックの切り替えにマクロを応用することもできます。この場合、条件分岐の判定に使用する変数をマクロで定義します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装 ~マクロの利用(C/C++)

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装~マクロの利用(C/C++)|pagetop