【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおける可変点のSPL実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計し可変部をバイナリで提供 ~ライブラリの差し替え(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおける可変点のSPL実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計し可変部をバイナリで提供 ~ライブラリの差し替え(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおける可変点のSPL実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計し可変部をバイナリで提供 ~ライブラリの差し替え(C/C++)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおける可変点のSPL実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計し可変部をバイナリで提供 ~ライブラリの差し替え(C/C++)
この方式は、「インタフェースと実装の分離」と基本的に同じです。両者の違いは、選択可能な可変要素がソースコードで提供されるか、バイナリで提供されるかです。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」C/C++コードにおける可変点のSPL実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計し可変部をバイナリで提供 ~ライブラリの差し替え(C/C++)
言うまでもなく、製品開発時には利用するライブラリをリンクすることで、製品用のロードモジュールを作成することができます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)C/C++コードにおける可変点のSPL実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計し可変部をバイナリで提供 ~ライブラリの差し替え(C/C++)|pagetop