【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計 ~インタフェースと実装の分離(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計 ~インタフェースと実装の分離(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計 ~インタフェースと実装の分離(C/C++)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計 ~インタフェースと実装の分離(C/C++)
この方式では、「インタフェースと実装の分離」の原則に基づいてソフトウェアを設計します。すなわち、共通なインタフェースと、中身(実現)の異なる実装を、それぞれ別ファイルで実装します。その手順は以下のとおりです。

1.  共通となるインタフェースの実装

対象としているコンポーネントを利用する全ての製品をカバーするように、インタフェースを実装します。このインタフェースは共通部となります。

2.  可変部の実装

先に作成したインタフェースに対して、その実現をそれぞれ別のファイルとして実装します。
C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計
このように実装すれば、開発する製品に合わせて可変部のファイルを選択することで、製品用のコードを構成することができます。また、可変部の内容が製品毎に異なる場合は、インタフェースを実装したファイルを製品開発時に作成します。
C++言語を用いてオブジェクト指向実装を行っている場合は、こちらも参考にして下さい。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『インタフェースと実装の分離』の原則に基づいてソフトウェアを設計 ~インタフェースと実装の分離(C/C++)|pagetop