【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装ではプリプロセッサ命令の1つである条件コンパイル(#ifdef)を利用して、想定されるすべての可変要素を含んだコア資産を作成し、製品開発時にシンボルを定義することで使用する可変要素を決定 ~条件コンパイルの利用(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装ではプリプロセッサ命令の1つである条件コンパイル(#ifdef)を利用して、想定されるすべての可変要素を含んだコア資産を作成し、製品開発時にシンボルを定義することで使用する可変要素を決定 ~条件コンパイルの利用(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装ではプリプロセッサ命令の1つである条件コンパイル(#ifdef)を利用して、想定されるすべての可変要素を含んだコア資産を作成し、製品開発時にシンボルを定義することで使用する可変要素を決定~条件コンパイルの利用(C/C++)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装ではプリプロセッサ命令の1つである条件コンパイル(#ifdef)を利用して、想定されるすべての可変要素を含んだコア資産を作成し、製品開発時にシンボルを定義することで使用する可変要素を決定 ~条件コンパイルの利用(C/C++)
この方式では、プリプロセッサ命令の1つである条件コンパイル(#ifdef)を利用して、想定される全ての可変要素を含んだコア資産を作成し、製品開発時にシンボルを定義することで使用する可変要素を決定します。その手順は以下のとおりです。

1.  想定される全ての可変要素の特定

対象としているコンポーネントを利用する全ての製品をカバーするように、想定される全ての可変要素を特定します。

2.  各可変要素の実装

特定された各可変要素が、条件コンパイルによって選択されるように実装します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」C/C++コードにおけるSPL可変点の実装ではプリプロセッサ命令の1つである条件コンパイル(#ifdef)を利用して、想定されるすべての可変要素を含んだコア資産を作成し、製品開発時にシンボルを定義することで使用する可変要素を決定 ~条件コンパイルの利用(C/C++)
このように実装すれば、開発する製品に合わせてコンパイル時にシンボルを定義することで、製品用のロードモジュールを作成することができます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『オブジェクト指向』の特徴である、継承および多態性(ポリモーフィズム)を利用してソフトウェアを設計~条件コンパイルの利用(C/C++)|pagetop