【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『アスペクト指向技術』を利用して、可変部をアスペクトとして実装しウィービングすることで製品用のコードを構成 ~アスペクト指向技術の利用(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『アスペクト指向技術』を利用して、可変部をアスペクトとして実装しウィービングすることで製品用のコードを構成 ~アスペクト指向技術の利用(C/C++)

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『アスペクト指向技術』を利用して、可変部をアスペクトとして実装しウィービングすることで製品用のコードを構成~アスペクト指向技術の利用(C/C++)

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では製品毎に異なるパラメタをマクロとして定義し、製品開発時に製品間の差異をパラメタ値の違いで表わせるように実装 ~アスペクト指向技術の利用(C/C++)
この方式では、システム横断的な関心事(crosscutting concerns)の実装に適したアスペクト指向技術を利用します。製品群で共通となるコア資産に対して、可変部をアスペクトとして実装します。その手順は以下のとおりです。

1.  共通となるコア資産の実装

スコープ内の製品で共通に利用されるコア資産を実装します。

2.  コア資産を拡張/変更するアスペクトコードの実装

横断的な関心事に相当する製品固有のコードを、アスペクトコードとして実装します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『アスペクト指向技術』を利用して、可変部をアスペクトとして実装しウィービングすることで製品用のコードを構成 ~アスペクト指向技術の利用(C/C++)
このように実装すれば、開発する製品に合わせてアスペクトコードを実装してウィービングすることで、製品用のコードを構成することができます。アスペクトの実装パターンが限定されるなら、パターン数分のアスペクトコードをコア資産として用意しておき、製品に合わせて選択することもできます。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)C/C++コードにおけるSPL可変点の実装では『アスペクト指向技術』を利用して、可変部をアスペクトとして実装しウィービングすることで製品用のコードを構成~アスペクト指向技術の利用(C/C++)|pagetop