【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)|MATLAB/Simulink モデリングによる「モデルベース開発」で、コア資産から製品用のモデルを導出する方法~ Simulinkモデルの導出

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)|C/C++言語を用いたコードベース開発で、コア資産から製品用のコードを導出する方法~ C/C++コードの導出

【研究室】ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)|MATLAB/Simulink モデリングによる「モデルベース開発」で、コア資産から製品用のモデルを導出する方法~ Simulinkモデルの導出

ソフトウェアプロダクトライン開発(SPL)|MATLAB/Simulink モデリングによる「モデルベース開発」で、コア資産から製品用のモデルを導出する方法~ Simulinkモデルの導出
MATLAB/Simulinkによるモデルベース開発で、コア資産から製品用のモデルを導出する方法は、概ね以下のようになります。なお、コア資産は「可変性の実現」のページで紹介されている技術を用いて開発されているものとします。
1.  可変性の決定に基づいて、製品に必要なSimulinkモデルを選択
2.  選択されたコア資産のSimulinkモデルをコンフィグレーションするためのMスクリプトを生成
3.  Mスクリプトを実行し、コア資産のSimulinkモデルから製品用のSimulinkモデルを生成
こうして導出されたモデルを用いてコード生成することで、製品用の実装コードを得ることができます。また、通常の製品開発では、製品固有部分の開発も必要となることがありますが、これについては製品毎に開発します。
【研究室】SPL「プロダクトライン開発」|MATLAB/Simulink モデリングによる「モデルベース開発」で、コア資産から製品用のモデルを導出する方法~ Simulinkモデルの導出
※ここで取り上げたものは一例であり、他にも様々な実現方法があります。

【研究室】SPL(ソフトウェアプロダクトライン)|MATLAB/Simulink モデリングによる「モデルベース開発」で、コア資産から製品用のモデルを導出する方法~ Simulinkモデルの導出|pagetop